Profile

書いてる人:

たけ-ちーず
紹介文:
SkypeID:take-cheeze

Link

RSS Feed

Search

Calender

Latest Article

Category

Access Counter

Online Counter

Show All Article

どうでもいい独り言。 と、少しの開発日記。
  • 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 01
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
読書渋滞

渋滞学 (新潮選書)渋滞学 (新潮選書)
(2006/09/21)
西成 活裕

商品詳細を見る



次世代の原子力発電 (読売科学選書 (44))次世代の原子力発電 (読売科学選書 (44))
(1991/08)
秋山 守、大橋 弘忠 他

商品詳細を見る


なんか肘が痛いです.腱鞘炎だったら,誠に遺憾ですよ.
二冊やっと読み終わりました.1.5週間くらい前に借りたんですが,悶々してたら,こんなにかかっています.一日一冊くらいが目標なんですが,やっぱり難しいですね.

一冊目は,タイトル通り渋滞に関する本です.
車の渋滞が一番有名なのではじめは車の渋滞を大きく取り上げています.Asymmetric Simple Exclusion Process略してASEPというモデルがとても優れているというところから始まりました.ASEPは箱とその箱に一つしか入れられない玉に,色々な条件を付加するものなんですが,そんなバナナレベルでけっこう色々できて驚きました.
で,それから様々な種類の渋滞を扱っていきます火事,ネットワーク,人の流れ,人体内の流れ,などよくもまあこんなに研究対象を見つけられるなと感心するほど多岐にわたります.明石歩道橋事故の話は,名前はよく聞くのにみな多くを語らない感じだったので,前よりも知ることができて面白かったです.15人/m^2という人口密度は想像もしたくもなくなりました.

二冊目は,原子力発電についての基礎知識を仕入れるための一冊のつもり借りました.ちょっと古いんですが,基本的な状況が変わっていない前提で感想を書いてみます.
タイトルからして原子力発電推進側に偏った内容なんですが,わかりやすくてよかったです.といっても一般の人は読むような本なのでやっぱり専門的な話は論文を読めるようにならないといけないことを痛感しました.最先端科学というのは理解するだけでも骨が折れるのが少し不毛に感じてしまいます.
一番印象的だったのは高速増殖炉と軽水炉,どうしてここまで差がついた?,でしょうかね.液体金属が未知の世界だったのと軽水炉は思いの外地道に実績を積んでいったのが大きいとは思うんですが,やっぱり道のりは遠景だけではわからないのですね.もんじゅは未だに100%稼動がないそうなので,夢の技術は撤退になるのか見物かもしれません.前回の戦争の敗因であるエネルギー問題を解決するのにほぼ無尽蔵のエネルギーは,未だに魅力的だと思ってしまうのでなんとか研究だけでも存続すればと思います.液体金属を扱う技術は無くすのが惜しいですし.
核融合についても,核分裂との差が目につきますね.なんとか道のりが見えた気がする程度なようで,夢の技術の厳しさを魅せつけられた気分です.どうやらプラズマ化した燃料の封じ込めとプラズマ状態の維持が大変で,また発生する現象を完全に説明できてないとかで課題がいっぱいあるみたいです.それからDT反応は,略し方のおかげで少し卑猥に感じます.
余談なんですが,高速増殖炉の原理とかトマカクを考えだしたソ連の科学力ってやばいですね.ここまで科学力があったのにアメリカに負けたのは,やっぱり神様の裁定はいつも不公平です.
この本で一番よくわかったは,原子力では基礎研究することがいくらでもあることではないかと思います.いかに不安定な基盤の上に立っているのかなんていくらでも言うことができますが,その不安的な基盤を少しでも理解することができれば,それに対する不安が少しでも安心に変えることができます.時の流れが不可逆である以上,前に,より早く進むしか無いので原子力は,その駆動力として必要だと思います.
【2012/07/05 03:29】 | 本の話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<あの人は今 | HOME | トータル・エクリプス観た>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://takecheeze.blog47.fc2.com/tb.php/605-b9cd86e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。