Profile

書いてる人:

たけ-ちーず
紹介文:
SkypeID:take-cheeze

Link

RSS Feed

Search

Calender

Latest Article

Category

Access Counter

Online Counter

Show All Article

どうでもいい独り言。 と、少しの開発日記。
  • 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 01
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ダラダラと。
今日は、昨日いっていたことをやってみたんですが、その過程でイロイロと知ったので、メモしておきます。
それから、拍手コメントを一つ頂いたので、それは追記しておきます。

ざっと挙げると

・virtualは、コンストラクタにつけられないけど、デコンストラクタは修飾できて、それには深いわけがあったり。
・main関数が返す値について。
・オブジェクト指向とC言語。
・typeidによる型の判定。

です。


最初は、非常識人のわたしが知らなかった常識からです。
このページを見て知ったことなんですが、C++のvirtualは継承の要らしいです。

今まで、あまり深く考えずに、使い辛いって想いながら使っていたんですが、それには理由があったようです。
でも、今日のコトで合点しました。

よくよく考えると、C++の事情に合致する設計でした。
クラスを関数に引数一つ足すことで実現しているのですから、厳密な型情報を元に呼び出すのは当然ですよね。


続いて、二つ目です。

これも、当たり前のことなんですが、main関数は戻り値の型が "int" です。
別に、voidと定義しても問題ないですが、正しくは、 "int" です。

とまあ、うるさく二度いいましたが、ついでにこれと同じくらい大事だと思うこともあったりします。
main関数の戻り値は、その値によって異常の有無を確認しています。

そして、その値の定義は巷で見かける多くのサイトでは、わたしの独善的な判断では、いい加減です。
『0 か 1 か?』、大体それだけです。

慣習的なモノらしかったりするそうですが、ただ文化を押し付けているだけです。
ナマの値ほど分かり辛いモノは、そうそう無いと思います。

"EXIT_FAILURE" "EXIT_SUCCESS" なんて値がきちんと定義してあるのに……その記述は少ないです。
『Let's 定数!』ですね。


そして、三番目です。

なんというか、未だに必須技能だったりする、あいつです。
ホントに何でも出来る言葉ですが、本気であいとを使うと面倒くさいです。

でも、その進化系は、とっても使いやすかったりするんです。

何がいいたいのかというと、勉強するのには向いているけど、用途は特種用途だけにしてほしいってことです。
それと、実際に勉強するなら今主流(?)のオブジェクト思考なども並行して勉強するといいでしょう。


それから、最後です。

C++で、偶にしたくなる型判定をするには、typeidを使えばいいそうです。
前々から知っていた実行時型情報ですが、初めて実用的な使い方しました。

それだけです。


では、お休みなさい。

名無しさん
> あまり無理しないでがんばって

ありがとうございます。
無理という限度を知らない、わたしは頑張ります。





追伸。
『がんばって』は便利な言葉ですが、あまり使っていい言葉ではなかったりするので、お気をつけて。
【2009/12/25 23:57】 | メモ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<出入り口。 | HOME | "Merry Christmas" は、言わない。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://takecheeze.blog47.fc2.com/tb.php/224-d63493f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。