Profile

書いてる人:

たけ-ちーず
紹介文:
SkypeID:take-cheeze

Link

RSS Feed

Search

Calender

Latest Article

Category

Access Counter

Online Counter

Show All Article

どうでもいい独り言。 と、少しの開発日記。
  • 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 01
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
『読了』って言葉。
今日、やっと
失はれる物語 (角川文庫)失はれる物語 (角川文庫)
(2006/06)
乙一

商品詳細を見る

を、読み終わりました。

意外と、終わりまで時間が掛かりました。
半分くらいは、読んだコトがある短篇だったんですけどね……。


で、わたしが抱いた無難な読了感は、『乙一のオチと乙一の経験』でした。


『理系』に関する記述は、印象的でした。
確か、乙一は、大学で理系を学んでいたのを、デビュー作のあとがきで書いていました。

『寝るヒマもない』、『研究発表会』。
経験は無いですが、少し識っていました。

この本の現実的な文章の、あの部分だけ、現実でした。
きっと、乙一が知っていたからなんでしょう。


それと、タイトルと同じ名前の短篇は、起伏が少なくて、失われやすそうな物語でした。
でも、それだけで、ピアノは、多分、いらなかったです。

終わりが、とても重力に全てを預けた様で、もっと『男』の抗いを診たかったです。


そんな風でした。
今日は、お休みなさい。
【2009/11/23 21:06】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<かなり前に書いた駄作。 | HOME | 乱雑に積みすぎた。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://takecheeze.blog47.fc2.com/tb.php/192-340562ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。