Profile

書いてる人:

たけ-ちーず
紹介文:
SkypeID:take-cheeze

Link

RSS Feed

Search

Calender

Latest Article

Category

Access Counter

Online Counter

Show All Article

どうでもいい独り言。 と、少しの開発日記。
  • 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 01
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
光が、乱反射季節。
なんか、気付いたんですけど、わたしの本棚にある本は、季節が偏っています。

絶対的に、夏が多いです。


さっき確認したところでは、二冊くらいしかありませんでした。

一つは、『ホワイトアウト』。

もう一つは、『遙かなる囁き』です。

CODE-E 遥かなる囁き (ガガガ文庫)CODE-E 遥かなる囁き (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
榊 一郎

商品詳細を見る



なんか、意外でした。

『冬生まれのわたしは、無意識に冬を選ぶのではないか?』と思っていましたから。
全くの迷信ですけど、意外でした。

でも、同時にその迷信の逆で、
『冬生まれだから、わたしは無意識に夏に憧れるのではないか?』
とも、思いました。

『憧れ』っていう感情は、自分には無いものに惹かれる『感情』ですから。


と、そんな損なコトを考えていました。
お休みなさい。








追伸。
でも、でも、わたしには、夏に、いい思い出が亡いことにも気付きました。
結局は、わたしの幻想だったんですね。
【2009/11/01 23:52】 | 本の話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<すぐ、そこまで。 | HOME | - アイリス・ゼロ ->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://takecheeze.blog47.fc2.com/tb.php/167-c70b19d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。