Profile

書いてる人:

たけ-ちーず
紹介文:
SkypeID:take-cheeze

Link

RSS Feed

Search

Calender

Latest Article

Category

Access Counter

Online Counter

Show All Article

どうでもいい独り言。 と、少しの開発日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
『初音ミク様の誕生日』
そこらじゅう(わたしの観測範囲)で、祝っていたのでタイトルにしてみました。
お誕生日おめでとうございます。
アイドルの力とは……、恐れ入りますよ。


さて、やっとrpgtukuru-iphoneにコミットしました。
わたしは、大体こうゆうとき、後は野となれ山となれ、と思ってます。
とにかく、自分が信頼ができなんでしょうね。
完璧なんて無いんですが、わたしの場合は抜け具合が人の数倍あるんです。

今回は主に、日本語が表示できるようになったのと、経験値の計算を実装したのが主だと想います。
他は、わたしの破壊的変更のせいで動かなくなったところをチマチマ弄っています。


因みに、経験値の計算の理屈は、@EasyRPGさんに教えてもらいました。
Thank you, @EasyRPG!
一応、元は、とあるプロジェクトのcalcExpなんですが、大幅に変えたり、教えてもらったコードは@EasyRPGさんに許可をもらったのでダイジョウブだと想います。

それから、RPGツクールってけっこうすごいなと思ったりしました。
英語圏では少しあれなんですけど、スペイン語圏の人たちが熱心な気がします。
ただ、日本語のIMではスペイン語で使うような記号が出なくて残念です。
わたしは、発音とか書き方はローマ字にずっと近くて英語よりもスキですね、スペイン語。


おやすみなさい。
スポンサーサイト
【2010/08/31 23:59】 | RPG2k_Emu | トラックバック(0) | コメント(0) |
日本語♪
Screenshot-名前なしのウィンドウ-9

未だにズレは酷いですけど、表示でました。
ARGSS...での処理を流用しただけなんですけど意外にいけますね。

あと、使っているフォントは、IPAフォントです。
いーですねー、オープンソース。万歳。


それから、ゲームでガーベジコレクタに処理をとられるとよくないって話を聞いて、確かにー、と思いました。
基本的にそうゆうことにまだ気が回る人は尊敬します。

で、それを聞いた後、ガーベジコレクションは基本的にrb_gc_disable()しといて空き時間にrb_gc()するのがいいと勝手に結論づけました。
ホント素人考えなんで、それであってるのかどうかわかりませんが……。

ただ、ARGSSはBitmapでのソフトウェア描画が多くてそっちの方が大きな問題です。

それに、テストスクリプトは動いてもゲームはまだうまく動かせてません。
今のところ、タイトル画面にいくのがやっとです。
まだまだダメダメですね。


おやすみなさい。
【2010/08/30 23:59】 | RPG2k_Emu | トラックバック(0) | コメント(0) |
マルタイスレッド。

日曜日の夕刊日曜日の夕刊
(1999/11)
重松 清

商品詳細を見る

少し読む気が落ちていて読めるのかどうかわからないんですが、上の本を読みます。
最初の一ページだけは読んであります。


今日は、たまたまマルタイスレッドプログラミングを下手糞なりにがんばってました。
WindowsのAPIを使っているコードを移植するだけのつもりがかなり手間取っています。

boost::threadさんを使いたいんですが、わざわざpthreadさんで頑張っています。
WindowsのAPIはかなり低レイヤな部類に入るので、同じ穴のなんとやらで少しはやりやすいんじゃないかと想いたいです。

あと、標準化するのも無理無いんですね。
かなり基本的で基幹的な技術ですし。
こんなメンドクサイことしてるのに、移植性が無いなんて、ぜつぼうです。

それから、今時マルタイスレッドが標準じゃないC/C++っていうのも時代遅れ感がありますね。
C++0xと次のC言語標準には当然のごとく入ってるそうなので少しだけ安心です。

たぶん、pthreadでやってみたコードが動かなった場合は、もうboost::threadで書き直すと想います。
もうイヤです。


おやすみなさい。
【2010/08/29 23:59】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
読んだ。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る


カラフル (フォア文庫)カラフル (フォア文庫)
(2010/03)
森 絵都

商品詳細を見る

昨日、書こうと思って忘れてたものです。


「もしドラ」は、思考実験の具体例として楽しかったです。
文末全てが「た」で終わって、会話がとても生き生きしていたのはちょっと慣れませんでした。
文章を書くプロの人に書き直してもらった版を読んでみたいです。
(……狙って、そうしているのなら、すごいと想いますけど)


「カラフル」には、映画を見てみたいなと思わされました。
全く違う表現になっている予感がします。
でも、何度も読む感じじゃないのが少し寂しかったです。
青春(を味わっているはずの時期)に一度読むのが限界かもしれません。
映画化してくれた人には、この本を教えてくれたコトを感謝したいです。

おやすみなさい。
【2010/08/28 23:59】 | 本の話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Rubyのお祭りが日本の何処かで開かれているらしいです。
とりあえず、面白そうなスライドが『後で読む』リストに追加されて、そういえば"#RubyKaigi"というものがそこら中で囁か(さえずら)れていたのを思い出しました。
Pythonと同じくらいRubyは興味があるんですが、少し余裕が無いので、追うのは諦めています。
(漏れだしてくる情報は、わたしがいつもチェックしている範囲でちゃんとチェックするつもりですが……)



そういえば、「4GBの壁」の足音を秋のものといっしょに少しずつ聞くようになってきました。
夜が涼しいのは素晴らしいですし、少年漫画みたいなインフレが起こるのはいいことだと想います。

ただ、わたしはくだんの壁を未だにはっきりと越えたコトがないです。
いつも使っているPCは安物のネットブックなので、64bitなんて高級なものは装備されていません。

知っていても、GETして装備しないと、敵にナブリ殺されるのがオチなんです。



それから、グラフィックスを学ぶ過程で蚊が飛ぶくらいの高度くらい高度な数学を頭に叩き込んでいるつもりなんですが、さっぱりわからないです。
たぶん、想像力の欠如っていうそう珍しくもない限界があるんだと想います。

こうゆうのは、地道に想像力を補うとかそうゆうことをしないといけないので、焦らされます。
空を飛んだり、霞を食べて生きていける、なんて特殊技能はわたしの中に無いみたいです。



おやすみなさい。
【2010/08/27 23:59】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
とうとう作業コピーをDropboxに入れた。
とても不安になる出来事があったので、あわててやりました。
(ディレクトリを少し動かすだけなんですが……)
バージョン管理しているというのに更にそれをバックアップするわけです。
とても無駄ですよ。でも、その無駄が許される世の中なんです。
因みに、現在もアップロードが進行中しています。
なんか時間掛かるんですよね。


それから、構造的には移植性の高い吉里吉里2で少し遊んでました。
そこそこ、歴史あるソフトなんですが、読んでみる価値のあるコードがゴロゴロ転がってて、驚きました。
プラグインもいっぱいあって、有名なライブラリの使い方を知るにはいい資料かもしれません。


おやすみなさい。
【2010/08/26 23:59】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
意外にはやく終わった。

パズル・パレス 下 (角川文庫)パズル・パレス 下 (角川文庫)
(2009/03/25)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る

読み終わりました。

ディセプション・ポイントの方が楽しかったと想います。
やっぱり『暗号学は既に死んでいる』よりも『地球外生命体』の方がインパクトが大きいです。

それでも、暗号に関する用語がいっぱい出てきて、楽しい人には楽しいかもしれません。


あまり関連がありませんが、たまたま放送してた"Enemy of the State"を観ました。
わたしでも知っているウィル・スミス主演ですよ。
主人公が追い詰められて、そこから挽回していく描写が巧いので、好きな映画の一つになっています。

あと、DVDがあるのにテレビでみちゃうのってなんかの魔力だと想います。
ある意味、みんなで一緒に見れるのってテレビの魅力かもしれませんね。


で、まあ、ダン・ブラウンの本を二作品つづけて読んで思ったのは、『必要悪』についてですね。
いつか他人に押し付けた罪を償わないといけないと想うと、あんまりいい気分にはなれません。


おやすみなさい。
【2010/08/25 23:56】 | 本の話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
円高株安こわい。

パズル・パレス 上 (角川文庫)パズル・パレス 上 (角川文庫)
(2009/03/25)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る

読んでます。

やっぱり孤高な天才って憧れます。
寂しがり屋なんで、そうゆうのには一生なれない気がしますが、憧れるくらい自由だと想います。


おやすみなさい。
【2010/08/24 23:49】 | 本の話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
魔道書をパラッと読んだ。
『プログラミングの魔道書』なんて大層な名前の本を一通り読みました。
150ページ以下なので、早く読めていいです。

最も衝撃的だったのは、boost::serializationだと想います。
『えっ! そんな簡単に書けんの?』って声に出しそうでした。
これなら、もうじゃんじゃん使いたいと想いました。
でも、あまりいい顔されない方向のboostなので、難しいかもしれせん。
pspdevへの移植とかも考えないとマズそうですし。

Chronoさんはすごいです。
引数名をわざわざmillisecとかする必要がないって素晴らしいです。
神経を使う操作がグッと減らせそうで、とても期待してしまいます。
こうゆう痒いところに手が届くライブラリは崇めるべき対象です。

因みに、メタプログラミングとBoost.Asioの項はもうお腹いっぱいだったので飛ばしてしまいました。
食べすぎはよくないんです。C++もじっくり味わうべきものだと想います。

最後に、読んでいて一番たのしかったのは、初めにあるインタビュー記事でした。
気がつけばわたしの周りの世界を巻き込んでいく感じがとても新鮮だったんだと想います。
漠然と知っていたmoveの解説や、プログラミング言語としてのC++の掘り下げは、さすが元祖ですよ!
新規格の機能はまだ全部知らないんですが、こうゆうお話を聞いているとワクワクしてしまいますね。


おやすみなさい。
【2010/08/23 23:59】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
魔道書。
ウワサの魔道書が来たました。
C++の専門書はこれが初めてだったりします。

まだ、最初のインタビューの途中までと他をパラパラみただけですが、楽しいです。
今まで触れたことのない知識の結晶に触れている感じでしょうね。

中身なんですが、やっぱりboostの解説がいっぱいあるのは良いです。
公式のドキュメントをたまに眺めるんですが、わたしはデキない方の人間なんで、まだまだ参考書とかがないとよくわかりません。

それから、わたしでも知ってるハッカーが執筆されただけあって次元が違いますね。


おやすみなさい。
【2010/08/22 23:59】 | 本の話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
自分の限界を知りたくない程度には愚か。
今日は、たまたま実装されていたARGSSのSocketクラスのRubyインターフェースを書いてました。
やっぱり、こうゆう単調な作業はラクチンでいいです。
いつも、色々見失ってて、まあ疲れます。

分散バージョン管理は、コミットを気楽にできていいですね。
コミットする基準を自分の中で明確に決めていないのが、悪いんですけどね。

それから、変更を加えるファイルを数個に留めておきたいと最近おもいます。
わざわざ危ない橋を渡りたがるとかどうかしているんでしょうね。


おやすみなさい。
【2010/08/20 23:59】 | ARGSS | トラックバック(0) | コメント(0) |
ホワイトアウト。
Screenshot-名前なしのウィンドウ-6
Screenshot-名前なしのウィンドウ-7
Screenshot-名前なしのウィンドウ-8

久々に弄ってみました。
フォントがズレていますし、文字が化けていますし、マップではホワイトアウトしてます。

freetypeはよくわかりません。
文字化けはちゃんとやれば直るんでしょうけど、大変そうです。
真っ白なスクリーンは頑張って映るべきものを映させたいです。


それから、ruby-1.9.2が正式にリリースされてたみたいなのでインストールしました。
1.9.1にインストールされるのは、1.9.1の改良版だからだそうです。

あと、RCって"Release Candidate=リリース候補"の略なんですね。
ホント最近まで知りませんでした。


おやすみなさい。
【2010/08/19 23:24】 | RPG2k_Emu | トラックバック(0) | コメント(0) |
District 9
読んでたダン・ブラウンさんの本は割とあっさり上巻を読み終えました。
最後に読んでた同作者の本のおかげでSFを期待していたんですが、そんなの欠片もないみたいです。

デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)
(2006/10)
ダン ブラウン

商品詳細を見る


地球外生命体とか居ればいいと想います。
関係ないですけど、ガンダム00はファーストシーズンから宇宙人が居ないと困る設定なんじゃないのとか電波発信しててそれが的中した『よし!』な経験があるんです。
絶対、準備が足りないんですけど、女性のお化粧くらいいつまでたっても終わりそうにない準備なので、どーでもいいんでしょうね。


レンタルのDVDで"District 9"を観ました。
肉片がカメラにくっつく演出がもう9割少なくなればいい映画だと思います。

因みに、主人公が感染する肝心のシーンは不注意で見逃しました。
三年はとても長い気がします。
『石の上に三年』とかありますけどそれでも長いと想います。

あと、続編つくりやすそうですね。
明確なエンディングを迎えられませんでしたし。
エンディングで教えられるエイリアンがどんどん増えてる事実は、ホラーですよ。

最後に、前知識入れすぎるのはよくないと想いました。
見方が少し偏っちゃって、思想が偏りそうです。
でも、グロテスクな描写に少し耐性が付いてたのは、少しだけ救いでした。
あんなの観てたら頭痛がもっと痛くなります。


おやすみなさい。
【2010/08/17 23:12】 | 絵か画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
読んでる。

デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)
(2006/10)
ダン ブラウン

商品詳細を見る

少し古い(あんまりそう感じないんですが……)本なんですけど、読んでます。
ダン・ブラウンさんには多神教をやってほしいなと思うんですけど、まあ、お門違いですね。

最近は、断片情報ばっかり読んでいるので、少しでものめりこめればと想います。

おやすみなさい。
【2010/08/16 22:19】 | 本の話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
蜂を絶やしてみた日。
今日、蜂の巣を二つほど潰しました。
一つは虫退治用のジェット噴射で、一つは水でやりました。

小さい方の巣はジェット噴射でやったんですが、割とあっさりやられてしまってつまらなかったです。
これがもっと大きくなると手が付けられなくなるので少しぞっとしましたが。

大きい方の巣は、けっこう大変でした。
水流が中途半端だとあんまり効果がなかったです。
少し近くからやってみたり水の量を最大にして威力を上げたりと、少しだけ試行錯誤しました。
それで、なんとか落としたんですが、そこそこ大きくて少し怖かったです。
それから周りには何匹が生存した蜂が居ましたし、子供もけっこういてピリピリしていました。
でも、流石にスコップで潰して子供の体液が出たのを観て安心しました。
(残酷とか言われそうですね)


で、無邪気さに見せかけたアブナイ感情は危ないなーって想いました。
自己評価でこれですから、本当はもっとこわいんでしょうね。


おやすみなさい。
【2010/08/14 23:59】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ホーム ススム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。